西部砂漠で太陽光発電計画、30GW規模に

インド政府は、西部タール砂漠に大規模な太陽光発電施設を設置する計画だ。グジャラート、ラジャスタン両州にかけて、総容量30ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)の発電施設を整備する方針。エコノミック・タイムズ(電子版)がブルームバーグの報道を引用して伝えた。 …

関連国・地域: インド
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:中国との国境で緊張が続…(07/06)

隣国への自動車輸出激減、各社は戦略見直し(07/06)

商用車アショク、当面は輸出と小型を焦点に(07/06)

衛星通信ワンウェブ、印社と英政府が取得へ(07/06)

ティックトック禁止、親会社60億ドル損失か(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン