• 印刷する

テイクオフ:自宅のごみ捨て場に行く…

自宅のごみ捨て場に行くと、生ごみの専用容器が清掃中で、水浸しになっていた。また出直そうか考えていた矢先、中国人のマダムがやって来て、どうしたのかとこちらに問う。現状を説明すると、「それなら、こっちの一般ごみの容器に捨てれば良いことでしょう」と言い捨てて、そそくさと場を後にした。

そう簡単に気持ちの整理がつかないのが、日本人の自分である。おそらく世界でも有数のごみの分別ルールが厳しい国で生まれ育った身。自宅には一般ごみ、生ごみ、プラスチックごみの3種類の容器しかないが、できれば正しく分別したい。

諦めて引き返そうとすると、今度はタイ人の住民が来て、ごみの種類にかかわらず一般ごみの容器に捨てていった。ルールを重視する日本人、合理主義の中国人、細かいことを気にしないタイ人――――。ごみ捨て場で価値観の違いを見た。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク国際モーターシ…(07/16)

回復機運の観光業界に打撃 エジプト兵感染、国民は補償要求(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

バンコク自動車見本市、外資が電動車を訴求(07/16)

東南アジアのM&A、1~6月は13%減(07/16)

医療目的の入国、コロナ検査は3回義務付け(07/16)

帰国者5人が感染、市中は51日ゼロ(15日)(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン