• 印刷する

アダニ、40億ドル化学施設の調査で覚書

インドの複合企業(コングロマリット)アダニ・グループは、2024年までに西部グジャラート州ムンドラ港で建設を予定する複合化学施設の事業化調査で、海外3社と覚書を締結した。調査を共同で実施するのはドイツの化学大手BASF、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油(ADNOC)、オーストリアの石油化学企業ボレアリスの3社。同施設の整備にかかる投資総額は40億米ドル(約4,300億円)とみられる。PTI通信が17日に伝えた。

事業化調査を実施する複合化学施設には、プロピレンを生産するプロパン脱水素(PDH)工場などが含まれる。調査の終了は来年初頭、生産開始は24年を予定する。生産したプロピレンはADNOCとボレアリスが整備するポリプロピレン(PP)工場で一部使用されるほか、アダニとBASFがムンドラ港に整備を予定する化学原料工場の主要原料となる見通し。

アダニとBASFは1月、1,600億ルピー(約2,400億円)を投じてアクリル酸(GAA)やアクリル酸ブチル(BA)などを生産する工場を建設すると発表していた。生産した化学原料は、主に国内の自動車や建設、塗料などの産業向けに提供する。


関連国・地域: インド中東欧州
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド映画に詳しくない…(07/15)

4~6月車販売は80%減 6月乗用車は5割減、封鎖が打撃(07/15)

6月の二輪販売、39%減の101万台(07/15)

スズキ二輪、グルガオン工場から500万台出荷(07/15)

MGのヘクタープラス、135万ルピーで発売(07/15)

現代自の新型クレタ、予約の2割は農村部(07/15)

CPI上昇率、6月は6.09%上昇(07/15)

6月卸売物価2%下落、3カ月連続マイナス(07/15)

パキスタン、アフガンから印への陸路貿易許可(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン