• 印刷する

テイクオフ:シドニーで出会った動物…

シドニーで出会った動物好きの夫婦が、10年間飼っていた愛犬のラブラドールが最近亡くなったようで、悲しみに暮れていた。そこで「新しいワンちゃんを飼ったらどうですか」と勧めてみた。

しばらくして、だんなさんとばったり道端で再会したところ、オスとメスの新しい愛犬2匹を連れていた。2匹にしたのは、どうやら「片方がもし死んでも、寂しくないと思って」というのが理由のようだ。

最初は主導権争いでケンカばかりしていた2匹だったが、やっと上下関係がはっきりしてきたという。どっちが上になったのかと聞くと、「メスの方が強いに決まっているじゃないか。人間と同じだよ」。オーストラリアは人間だけでなく、ペットまでも男女の力関係がはっきりしているようだ。日本でも、少なくとも人間の方が見習ってほしいところなのだが。(蓮華)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シャワー室内のタイルの…(11/15)

豪政府、インフラ計画に税優遇 外資の投資促進狙う(11/15)

豪10月失業率5.3%に悪化、就業者大幅減(11/15)

豪エネ委員会、送電損失規制の変更を拒否(11/15)

〔オセアニアン事件簿〕豪山火事、QLDの放火容疑で少年逮捕(11/15)

豪州石炭輸出、40年までに18%増加=IEA(11/15)

再生エネのチョー、豪州で太陽光発電所開発(11/15)

政府、軍事供給視野にレアアース産業支援へ(11/15)

〔政治スポットライト〕豪中が国防戦略対話、関係に変化(11/15)

太陽光発電の個人間取引、デリーで実証実験(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン