• 印刷する

違法ソフト使用、1~6月に200件超摘発

タイ国家警察の経済犯罪部(ECD)は、違法ソフトウエアを使用していた企業の摘発件数が上半期(1~6月)に216件、被害額が2億バーツ(約7億1,800万円)超だったと発表した。17日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

摘発場所は、バンコクが108件、バンコク東郊サムットプラカン県が22件、東部チョンブリ県が21件。摘発された企業の主な業種別割合は、製造・設計が50%、内装・建設・エンジニアリングが27%、小売・卸売が13%。タイ企業が80%、外国企業およびタイと外国の合弁企業が20%を占めた。

ソフトウエアメーカーの業界団体、ザ・ソフトウエア・アライアンス(BSA)は今年初めから違法ソフトウエアの撲滅キャンペーン「クリーンアップ・トゥー・ザ・カウントダウン」を展開しており、違法ソフトの使用が疑われる企業の情報をこれまでに約1万件、ECDに提供した。

タイの海賊版ソフトウエアの利用率は2017年時点で66%。15年の69%から若干改善した。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

短期出張者の入国、投資委の推薦条件を検討(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大(07/03)

CPTPP特別委、検討期間を2カ月延長(07/03)

観光客受け入れ、8月から3段階で実施へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン