• 印刷する

違法ソフト使用、1~6月に200件超摘発

タイ国家警察の経済犯罪部(ECD)は、違法ソフトウエアを使用していた企業の摘発件数が上半期(1~6月)に216件、被害額が2億バーツ(約7億1,800万円)超だったと発表した。17日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

摘発場所は、バンコクが108件、バンコク東郊サムットプラカン県が22件、東部チョンブリ県が21件。摘発された企業の主な業種別割合は、製造・設計が50%、内装・建設・エンジニアリングが27%、小売・卸売が13%。タイ企業が80%、外国企業およびタイと外国の合弁企業が20%を占めた。

ソフトウエアメーカーの業界団体、ザ・ソフトウエア・アライアンス(BSA)は今年初めから違法ソフトウエアの撲滅キャンペーン「クリーンアップ・トゥー・ザ・カウントダウン」を展開しており、違法ソフトの使用が疑われる企業の情報をこれまでに約1万件、ECDに提供した。

タイの海賊版ソフトウエアの利用率は2017年時点で66%。15年の69%から若干改善した。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(19:18)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

テイクオフ:東部チョンブリ県の叔母…(11/20)

トヨタが渋滞緩和へ実証実験 首都で第2フェーズ、AIを活用(11/20)

首都空港第2期拡張、来年11月に供用開始(11/20)

ジェトロ、EVの標準化でワークショップ(11/20)

三菱自、トライトン特別車の新モデル投入(11/20)

三菱自、小型車2モデルをフェースリフト(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

日鉄エンジと大ガス、東レのエネ効率化実施(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン