• 印刷する

「今年と来年の経済厳しい」、三三会理事長

台湾の経済団体、中華民国三三企業交流会(三三会)の許勝雄理事長は16日、「今年と来年の台湾経済はかなり厳しい」との認識を示した。経済環境は内需が伸びるものの、外需は伸び悩むとの見方だ。17日付工商時報などが伝えた。

許理事長は、「米中貿易摩擦が世界のサプライチェーンに打撃を与えたほか、欧米や中国の経済が落ち込んだことで、台湾の輸出に悪影響をもたらした」と指摘。貿易摩擦は緩和の兆しが見えるものの、景気が回復するには至っていないとした。

来年も同様に厳しい状況が続くとして、「来年1月の台湾総統選で誰が当選しようとも、執政者は民間と共同で経済を押し上げてほしい」と述べた。

台湾が参加していない東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や環太平洋連携協定(TPP)についても触れ、「対策を考えなければ、台湾は国際市場で端に追いやられることになる」との見方を示した。


関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

資金還流申請1284億元、1カ月で229億元増(20:09)

新型コロナ感染者、452人に(20:22)

テイクオフ:台東県で開催している熱…(07/16)

MRT建設が各地で加速 投資3千億元規模に、沿線開発も(07/16)

台南市が5G応用加速へ、産官提携で(07/16)

華新科がコウ暉の株式買い増し、比率26%へ(07/16)

PC製造業の19年生産額、6年連続で伸び(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン