• 印刷する

テイクオフ:「確かここにあったはず…

「確かここにあったはずなんだけど」。手探りと同時に書類の山が音を立てて崩れ落ちる。先生これですか、とすかさず看護師が手を伸ばした。カルテを探していたらしい。診察室が満室のため、と人混みの受付で診察を受けた。当地では医師の外れくじばかり引いている。

米国で学位を取った優秀な医師が多いと聞いていた。だが、戸棚の奥で色あせていた検査器具を使用されたり、採血した注射器を紛失されたりと評判は疑わしい。「医師や看護師が収入の高い海外に流出傾向」との報道に納得した。看護師不足は目に見えて明らかだった。

入院と同時に発症したじんましんと格闘すること約1年。改善かと思いきやこの3カ月で悪化の一途をたどっている。皮膚科では「仕事を忘れてボラカイ島に行けばいいわ」とひと言。能天気な医師に怒りさえ感じたが、確かに同島で発疹は見られなかった。診断は意外と侮れないようだ。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに714人、累計2万1340人(20:56)

FDI認可、コロナで36%減 1~3月、8四半期ぶり低水準(06/05)

21年度予算はコロナ対策重点、9%成長も(06/05)

コロナ感染新たに634人、累計2万382人(06/05)

外出制限の緩和拡大地域、基準修正で厳格に(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

職場のコロナ対策指針、違反企業には罰則(06/05)

新型コロナ検査の負担軽減、健康保険公社(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン