• 印刷する

昆明航空、昆明―ヤンゴン線を就航

中国の雲南省昆明市を拠点とする昆明航空は15日、昆明とミャンマー最大都市ヤンゴンを結ぶ定期便の運航を開始した。ヤンゴン国際空港を運営するヤンゴン・エアロドローム(YACL)が同日発表した。

火、木、土、日曜の週4便を運航。昆明発の便が午後8時10分にヤンゴン国際空港に到着し、同9時半に再び昆明に向けて出発する。機材は168人乗りのボーイング738を使用する。

YACLによると、1~8月にヤンゴン国際空港に到着した中国人観光客は21万9,242人で、前年同期比81%増加した。同社は、昆明航空の昆明―ヤンゴン線の就航により、空路でミャンマーに入国する中国人観光客の需要に応えることができるとしている。

ヤンゴン国際空港では、航空会社35社が海外33都市を結ぶ便を運航している。うち中国には11社が16都市に乗り入れている。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポスコ系商社、ミャンマーのガス田3期開発(11/12)

ラインタヤ郡区に分割案、過密解消など目的(11/08)

印・タイ・ミャンマー、高速道延伸を確認(11/08)

韓国系100社のバングラ移転は誤報=当局(11/08)

【イベントリポート】 NNA創業30周年記念セミナー(講演要旨)(11/08)

CB保険とタイライフ、「CB生保」を始動(11/08)

ニベアのバイヤスドルフ、ヤンゴンに事務所(11/08)

和平の最高レベル会議の開催、合意に至らず(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン