• 印刷する

テイクオフ:9月末から10月上旬に…

9月末から10月上旬にかけてタイは菜食週間だった。この期間はグルタミン酸ナトリウムなどを使わず健康に配慮した菜食食材を多くの店で手に入れることができた。日頃から健康食品を選ぶ身としては、ありがたいことだった。

売られている食品を見て去年よりも健康のトレンドが強まっていると感じた。ただ問題もある。食品の大半は使い捨てプラスチック容器に入っている。タイでは現在、環境と健康のトレンドが同時に強まっているが、双方はまだかみ合ってはいない。

健康トレンドは過去3年で盛り上がってきたが、タイ人が環境に本格的に注意を払い始めたのは今年からと考えれば仕方がないことだ。ただ、タイ人の環境意識の向上に加えて、バイオプラスチックなどの技術開発や政府の脱プラに向けたロードマップが進み出しており、来年の菜食週間への期待は一層高まる。(ピ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上場商銀、3Qは2%増益 生保販売やデジタル化で収益確保(11/15)

テイクオフ:外国人旅行者の誘致に力…(11/15)

不動産アセットワールド、1980億円投資へ(11/15)

タイ海運大手、カンボジアと広東省を接続(11/15)

不動産オール、市場減速も3Qは39%増収(11/15)

三菱自、1~9月のエクスパンダー販売7倍(11/15)

来年1月の新物品税導入、大型バイクに打撃(11/15)

バンプーが新エネ事業再編、EV展開を強化(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン