• 印刷する

アリババが新興IT青田買い、コンテスト開催

中国の電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)はこのほど、マレーシアのスランゴール州バンギで開催した「クリエート@アリババ・クラウド・スタートアップ・コンテスト」で、最終選考に勝ち進んだ10社を発表した。優良スタートアップ企業の青田買いを狙う。15日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

10社はアプリ開発のアデブ・ベンチャーズ、税務ソフトウエア開発のアイビズクラウド、民泊受け入れ支援サイト運営のホストアステイ、保険比較サイト運営のシュアプリファイなど。10社には、欧州や中国のベンチャーキャピタル(VC)、企業経営者の前でプレゼンテーションする機会が与えられる。

最終審査で選ばれた優勝者は、アリババグループのスタートアップサポート部門アリババ・イノベーション・センターから5万米ドル(約540万円)相当の支援が得られるほか、マレーシアを代表して世界大会に進出。中国浙江省杭州にあるアリババ本社に招待され、各国報道機関に紹介される。

「クリエイト@アリババ」のチーフコーディネーターを務めるキム・タン氏は、「コンテストはマレーシアのスタートアップ企業が潜在能力を発揮し、世界の投資家の注目を集める最高の舞台だ」と語った。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

テイクオフ:魚はいかん、菓子を食え…(11/21)

10月消費者物価は1.1%上昇 前月から横ばい、燃料補助が抑制(11/21)

RM1=26.0円、$1=4.16RM(20日)(11/21)

「空飛ぶクルマ」非公開できょう初飛行へ(11/21)

英医療用品大手、ペナンに域内初の工場設立(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

ダム監督機関の設立、政府が来年に法案提出(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

マレー鉄道、発券システムの改善表明(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン