• 印刷する

テイクオフ:1年ぶりに訪れた中国・…

1年ぶりに訪れた中国・上海で、キャッシュレスの進化とエコカーの増加に驚いた。インドでも銀行カードがあればそこそこキャッシュレスな生活ができるが、中国ではスマホがあれば何でもできる。地下鉄の券売機もタクシーも、デパートでも小さな売店でも、スマホのQRコードスキャンで支払いOK。個人間でも取引できるのですこぶる便利だ。

エコカーは、ナンバープレートが緑色なので一目で分かる。街のそこかしこに緑ナンバー。中国版ウーバー「滴滴」で呼んだ車の半分は、緑ナンバーの電気自動車(EV)だった。まさに、ハイテク先進国だ。

一方、飛行機で隣り合わせた中国人は、「中国ではここ数年で30億台の監視カメラが取り付けられたんだぜ。一人頭2台に監視されてる計算だな」とぽつり。なんと恐ろしい監視大国。でも、他人事じゃない。立ち居振る舞いに、気をつけなければ。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン