拡大する空気清浄機市場、大気汚染深刻化で

韓国の空気清浄機メーカーが、大気汚染が本格化する晩秋を前に相次ぎ新製品の発売やマーケティングを行っている。大気汚染や健康志向の高まりにより1年を通じて空気清浄機を使用する人が増えており、2019年の販売数は前年より50万台多い300万台に上る見込みだ。毎日経済新聞が伝え…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、2日連続で50人超(12:17)

サムスン、EUVシステムLSIに3D適用(18:33)

SKハイニックス、米半導体設計会社に出資(18:33)

テイクオフ:文在寅(ムン・ジェイン…(08/13)

【ウィズコロナ】感染ピーク後もリモート定着 リスクと効率天秤、採用にも変化(08/13)

政府、日韓への出稼ぎ労働者派遣再開を許可(08/13)

新型コロナ感染者、17日ぶりに50人超え(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン