拡大する空気清浄機市場、大気汚染深刻化で

韓国の空気清浄機メーカーが、大気汚染が本格化する晩秋を前に相次ぎ新製品の発売やマーケティングを行っている。大気汚染や健康志向の高まりにより1年を通じて空気清浄機を使用する人が増えており、2019年の販売数は前年より50万台多い300万台に上る見込みだ。毎日経済新聞が伝え…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

「国産化」リスクの声高まる 国際貿易のメリット生かせず(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

9月末の家計負債、過去最大も増加幅は縮小(11/22)

現代自、米で次世代SUVコンセプト発表(11/22)

〔政治スポットライト〕豪NZ外相、G20名古屋外相会合に出席(11/22)

韓進グループの趙会長「航空事業に注力」(11/22)

ウィニア大宇、メキシコ売上高が過去最高(11/22)

SKエナジー、貨物車休憩所に太陽光発電設備(11/22)

LS電線がエジプト進出、電力ケーブル生産(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン