• 印刷する

来年のジャカルタ最低賃金、来週にも決定

インドネシアの首都ジャカルタ特別州は、来年の州最低賃金を来週にも決定する。州労働局によると、23日に会議を行い、詳細について調整する。15日付メディア・インドネシアが伝えた。

州労働局のアンドリ局長は、これまでに州内15カ所の伝統市場で物価調査を実施し、その結果を最低賃金に反映させるために州の賃金委員会に諮ると説明した。今週はさらに近代小売店3カ所でも調査を実施するという。

今年の最低賃金は、月額394万973ルピア(約3万200円)。前年の364万8,035ルピアから、8.03%引き上げられた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数年前、歩行者の間を軽…(11/20)

デジタルで金融サービス拡大 政府調査、56%が金融機関を利用(11/20)

日本通信、HIS子会社などと基本合意(11/20)

預金保証金利、きょうから0.25%引き下げ(11/20)

一般家庭用の電気料金、体系を一部変更へ(11/20)

財政赤字、税収不足でGDP比2.2%台予測(11/20)

豪との包括的経済連携協定、年内に批准へ(11/20)

ガルーダ航空、香港路線を大幅減便(11/20)

国内の航空MRO、需要の半数が外国で実施(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン