首相の国連演説、パーム油の対印輸出にも影響か

マレーシアのマハティール首相が先月、国連総会で行ったカシミール問題に関する演説が、マレーシア・インド間貿易に影響する可能性が出てきた。ロイター通信が11日、情報筋の話として伝えた。 インド政府はマレーシア政府に対する警告として、マレーシア産パーム油をはじめ、その…

関連国・地域: マレーシアインド
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

仏調理器具グループセブ、来年20%増収見通し(13:29)

エアビーの宿泊者、飲食支出8億リンギ超へ(12:34)

中古車プラットフォーム「ezオート」開設(11:54)

テイクオフ:ずぼらな人は格安航空会…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

台商の和泰電子、マレーシアで生産拡大(11/12)

ソニーのゲーム部門、東南ア初の制作拠点(11/12)

愛知海運、KLに現地法人開設(11/12)

RM1=26.3円、$1=4.14RM(11日)(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン