• 印刷する

銀行業界、在宅勤務で混乱に対応

香港で社会的な混乱が続く中、銀行業界はセキュリティー強化のほか、行員に在宅勤務を認めたり、電子メールによる最新情報を発信したりして対応している。14日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

以前は週末が中心だった抗議活動は平日にも同時多発的に起きるようになっている。英HSBCや英スタンダード・チャータード銀行は、必要に応じて行員の在宅勤務を容認。一方で両行は、全支店が通常通り営業しているとも説明している。

米ゴールドマン・サックスは行員に交通網やデモの最新情報を知らせている。仏ソシエテ・ジェネラルも交通状況を通知し、必要があれば在宅勤務を認めるなどして対応しているという。

中銀香港も8日、複数の支店や現金自動預払機(ATM)がデモ参加者により破壊されたことを受けて「緊急時対応策を始動した」と声明を出した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

20年10~12月の失業率6.6%、16年ぶり高水準(01/20)

集合制限などの感染防止策、27日まで延長(01/20)

新たなコロナ感染者56人、累計9720人(01/20)

ファイザー製ワクチン、専門委が認可提言(01/20)

IT企業や本土金融企業、香港で増員見込み(01/20)

20年の破産申し立て、4年ぶり多さ(01/20)

4日続伸、大商いで29000突破=香港株式(01/20)

双循環に香港不可欠、中国銀保監会トップ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン