• 印刷する

銀行業界、在宅勤務で混乱に対応

香港で社会的な混乱が続く中、銀行業界はセキュリティー強化のほか、行員に在宅勤務を認めたり、電子メールによる最新情報を発信したりして対応している。14日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

以前は週末が中心だった抗議活動は平日にも同時多発的に起きるようになっている。英HSBCや英スタンダード・チャータード銀行は、必要に応じて行員の在宅勤務を容認。一方で両行は、全支店が通常通り営業しているとも説明している。

米ゴールドマン・サックスは行員に交通網やデモの最新情報を知らせている。仏ソシエテ・ジェネラルも交通状況を通知し、必要があれば在宅勤務を認めるなどして対応しているという。

中銀香港も8日、複数の支店や現金自動預払機(ATM)がデモ参加者により破壊されたことを受けて「緊急時対応策を始動した」と声明を出した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

キャセイ、8500人を削減 再編計画発表、子会社は運航停止(10/22)

地元ツアー解禁、旅行各社は受け付け開始(10/22)

9月の訪日香港人、99.9%減の90人(10/22)

新たに8人感染、域内例1人=計5269人(10/22)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(10/22)

4日続伸、本土通信銘柄がけん引=香港株式(10/22)

国安法違反の疑いある取引、銀行に通報義務(10/22)

失業率、年末までに7%台に悪化か(10/22)

香港で自販機の導入進む、接触回避で人気(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン