量販店販売が2000億元超へ 19年予測、価格競争が激化

台湾経済部(経済産業省)は、台湾量販店の2019年の売上高が2,000億台湾元(約7,070億円)を突破するとの見方を示した。前年から微増となる計算で、現在の伸び幅を踏まえると、年末にかけて伸びが鈍化に向かうことになる。業界の間で価格競争が激化している現状も浮き彫りとなった…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾総統選まで50日余…(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

晶元光電、来年の資本的支出を50億元超に(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

仁宝、米MSと工業IoT市場を開拓(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

微星科技、米企業とモバイルゲーム市場開拓(11/21)

納智捷が開発パートナー模索、リスク軽減へ(11/21)

AD措置を終了、日本と台湾の化学品(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン