マレーシア航空、18年は赤字幅が2.5%縮小

経営再建中のマレーシア航空の2018年12月期決算が明らかになった。純損失は7億9,171万リンギ(約204億2,000万円)と、赤字幅は前期の8億1,211万リンギから2.5%縮小したものの、黒字化の目標は達成できなかった。売上高は0.8%増の87億3,566万リンギだった。11日付エッジが伝えた…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国営石油、関連業者の上場支援で6社と提携(02/21)

新型肺炎流行で10万人失業は空論、政府(02/21)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月新車販売は12%減の4.3万台(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン