• 印刷する

砂糖含有量の多い飲料、広告宣伝禁止へ

シンガポール政府は10日、砂糖の含有量が多い飲料の国内での宣伝・広告活動を禁止する方針を明らかにした=10日、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポール政府は10日、砂糖の含有量が多い飲料の国内での宣伝・広告活動を禁止する方針を明らかにした=10日、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポール政府は10日、炭酸飲料やジュースなど砂糖を大量に含む飲料の国内における広告宣伝活動を禁止する方針を明らかにした。地元メディアによると、同様の政策を導入する国は初めて。国民の健康を増進することが狙いだ。

保健省のエドウィン・トン上級国務相(法務・保健担当)によると、全てのメディアを対象とする。具体的な開始時期や罰則など詳細はまだ公表していない。

砂糖を大量に含む飲料を販売する場合には、栄養成分の概要ラベルを商品の正面に掲示することなども義務付ける。ラベルのうち砂糖の項目を強調することも規定する可能性がある。

消費税やメーカー・輸入業者に対する税金の導入や、砂糖の含有量が極めて多い飲料の販売の全面禁止も検討している。

保健省によると、砂糖を大量に含む飲料を1日当たり250ミリリットル摂取すると、糖尿病になるリスクが最大26%増加するという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、6月…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

従業員のデータ処理能力、重視する企業増加(07/07)

キュアテックス、日本酒のテストマーケ開始(07/07)

料理宅配サービス業界、今後も成長見込み(07/07)

キャピタランド、上期は25~35%減益予想(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン