タイとフィリピン躍進、東南アジアIPO市場

今年の東南アジアの新規株式公開(IPO)市場で、タイとフィリピンの躍進が目立っている。金融情報やリスク管理などのサービスを提供する米リフィニティブによると、タイでは今年に入って11社が上場し、IPOで総額19億米ドル(約2,000億円)相当を調達。フィリピンでは昨年のI…

関連国・地域: タイシンガポールフィリピン
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小さな都市国家であるシ…(10/15)

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…(10/15)

リセッション回避も経済低迷 3Q成長率0.1%、金融緩和実施(10/15)

不動産投資、東南アにシフト=香港不安で(10/15)

オランダING、世界初のESG連動融資(10/15)

GST脱税の徴収額、1~9月は1.75億Sドル(10/15)

〔ポッサムのつぶやき〕オージー、長寿化も健康年齢は70歳程度(10/15)

車両購入権の割当量、11~1月は2%減(10/15)

地場自転車シェア企業、フルライセンス取得(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン