新興バイオ企業向け共有オフィス、11月に開業

シンガポールのバイオ研究集積地バイオポリス内で11月、バイオテクノロジー関連の新興企業向けのコワーキングスペース(共用オフィス)「NSGバイオラボズ」が開業する。民間運営の同様の施設は初となる。 延べ床面積は1万5,000平方フィート(約1,394平方メートル)。デスク、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品化学建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「住宅トラブルは付きも…(10/17)

フィンテック調達額が過去最高 大型取引多く、デジタル銀で加速(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

改定FTAが発効、中国とシンガポール(10/17)

日立アジア、不動産大手と先端技術で提携(10/17)

シンガのファンド、LDGの海岸開発に投資(10/17)

JCB、小売店で現金引き出しサービス(10/17)

NEC、地場社とオンデマンドバス実証実験(10/17)

携帯販売クロップス、HR社買収(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン