• 印刷する

民泊の指針で意見公募、年内に最終案決定へ

マレーシア貿易産業省傘下のマレーシア生産性公社(MPC)は9日、民泊のガイドライン(指針)の草案に関する意見公募を開始した。11月末まで関連業界や消費者などから意見を受け付け、年内に最終案を決定する予定。

マレーシアではかねて、騒音やごみ問題など民泊利用者のマナーを巡る問題が浮上。こうした中、MPCは昨年7月から民泊のガイドライン策定に向けた検討作業を進めてきた。

今回の草案は、住宅・地方政府省と観光・芸術・文化省が主導し、MPCや各利害関係者が参画する作業部会が取りまとめた。内容は◇民泊事業者と仲介業者の免許制度◇(米系民泊仲介大手エアビーアンドビーなど)オンラインプラットフォームの免許制度◇営業日数◇防火規定◇(騒音やごみなど)周囲への迷惑行為の防止◇課税――の6項目から成る。

具体的には、民泊1施設当たりの営業日数に上限を設定することが盛り込まれた。施設の所有者が施設内に住んでいる場合は無制限だが、住んでいない場合は年間90~180日以内に制限する。ただ自治体当局には、通常よりも高い免許料を徴収することなどで、上限を引き上げられる裁量を与える。

また防火に関する既存の規制に従うことを求めるほか、煙感知器・火災警報器や消火器の設置などを推奨する。

このほか、部屋の面積350平方フィート(約32.5平方メートル)当たり大人1人までとして、宿泊人数の上限を設定するよう民泊事業者に義務付ける。

MPCによると、ガイドラインは民泊事業に関する大枠を示すものにすぎず、詳細については各省庁・関係機関による規制の導入が必要となる見込み。

これまでに実施された調査では、民泊に対する規制には国民の50%が賛成している。ただエアビーはマレーシアの観光業振興に逆行するとして、宿泊日数の制限に反対する意向を表明していた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信サービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(21日)(10/22)

イケア、ジョ州のSC開発に3億リンギ投資(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン