産業省、石化製品輸入額を23年に半減へ

インドネシア産業省は、2023年に石油化学製品の輸入額を50%削減できると予測している。石油化学最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルや韓国系化学大手のロッテ・ケミカル・タイタンが、総額70億米ドル(約7,500億円)を投じてそれぞれプラントを建設しており、石化製品の国内…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタの活動制限、27日まで再延長(08/14)

韓国企業、バタン工業団地に工場設置を検討(08/14)

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

全国の港湾開発費は470億ドル=海運局(08/14)

医師会が病床不足に警鐘 患者受け入れ拒否の病院も(08/14)

上半期のパーム油輸出額は6.4%増(08/14)

タックスアローワンスの申請、オンライン化(08/14)

年内は外国人観光客受け入れず=調整相(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン