• 印刷する

配車グラブ、タイ初の配送専用キッチン開設

配車大手のグラブは配送専用キッチンを開設した=8日、タイ・バンコク(同社提供)

配車大手のグラブは配送専用キッチンを開設した=8日、タイ・バンコク(同社提供)

シンガポールの配車サービス大手グラブは8日、タイでのフードデリバリー事業で、首都バンコク・サムヤン地区に配送専用の調理施設「グラブキッチン」を開設した。グラブにとって同様の施設はタイでは初めて。複数の飲食店が1カ所の配達専用キッチンを利用することで、消費者は一度の注文で店をまたいだメニューを選ぶことが可能となる。

グラブキッチンはサムヤン・マーケットの2階に開設した。グラブは、フードデリバリーサービス「グラブフード」のデータベースを活用して、需給ギャップのある戦略的な立地を選んだと説明。グラブ・タイランドの責任者を務めるタリン氏によると、入居する12店は同データベースから、「ブラウンカフェ」や「エルビス・スキー」、「ポー・チャロン・チャイ」などバンコクで最も人気のある飲食店が選ばれたという。

グラブキッチンでの注文は、毎日午前8時~午後10時までの受け付けで、デリバリーの範囲は半径8キロメートル圏内となる。

グラブキッチンは今年4月、インドネシアで初めて設立された。現在はタイの1カ所のほか、インドネシアに18カ所、ベトナムに1カ所の計20カ所を展開する。年内に東南アジアの5カ国で50カ所まで増設する計画だ。

一方、タイのグラブフード事業では年内にさらに地方5県への事業拡張を計画している。特に、所得が高く、注文量の多い家族層に照準を合わせる。タリン氏は国内経済の低迷については影響ないとの見方を示した。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 食品・飲料運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスのタ…(07/14)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

入国緩和も煩雑な手続きに壁 許可証の申請難航、取得は限定的(07/14)

コロナ第1波は収束も警戒維持を=保健省(07/14)

ホンダ、SUV「CR―V」新モデル発表(07/14)

ネックスポイント、21年に時価総額4倍目標(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン