• 印刷する

デリーメトロ、グレーラインで新区間が開業

グレーラインの開業式典が行われた=4日、インド・首都ニューデリー(JICA提供)

グレーラインの開業式典が行われた=4日、インド・首都ニューデリー(JICA提供)

国際協力機構(JICA)は4日、財政支援するデリー首都圏(NCR)の都市高速鉄道(デリーメトロ)のグレーライン(9号線)の一部区間が開業したと発表した。開通したのはドワルカ―ナジャフガル間の全長4.3キロで、3駅を設置。ドワルカ駅とナングリ駅は地上に、ナジャフガル駅は地下に整備した。

ドワルカ駅でブルーラインと接続し、首都ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港(IGIA)や北部ウッタルプラデシュ州ノイダへの接続性が向上した。

さらに現在、ナジャフガル駅から約1キロの位置に、地下鉄駅ダンザ・バス・スタンド駅を建設中で、来年の開業を予定している。

新区間は日本の円借款で行う「デリー高速輸送システム建設事業フェーズ3」の一部に当たる。JICAは1997年以降、政府開発援助(ODA)を通じ累計7,052億600万円を同事業に支援している。

新区間の開業により、デリーメトロの全長は347.97キロ、駅の数は253に達した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:注文して当日や翌日にオ…(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

10月の二輪販売14%減、11カ月連続マイナス(11/13)

愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

EVタクシーのリチウム、ウィプロと提携(11/13)

タタの「ネクソン」EV版、来月16日に公開(11/13)

製薬ルピン、共和薬品を日本企業に売却(11/13)

CNGターミナル、西部港に設置へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン