住宅購入で年齢層が低下 35~45歳が主軸、日系も商機探る

インドでは過去20年の間に住宅購入者の年齢が低下している。不動産サービス大手、アナロック・プロパティー・コンサルタンツが先月まとめた報告書によると、2019年の不動産購入希望者のうち最大の年齢層は35~45歳で36%だった。住宅ローンの普及や住宅購入での税制上の利点が背景…

関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教えてもらったイベント…(11/21)

通信大手3社が一斉に値上げ 価格競争のツケ、投資継続困難に(11/21)

英会話レアジョブ、インド同業に出資(11/21)

ダイキン、アフリカ新興企業と提携へ(11/21)

訪日インド人、10月は1%増の1.4万人(11/21)

ANAが羽田―デリー便、来年3月から(11/21)

AD措置を終了、日本とインドの化学品(11/21)

エアインディア、27日にナイロビ直行便就航(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

ハリヤナ州のバイオガス事業、24社が関心(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン