• 印刷する

羽田便を豪ヴァージンに!豪政府観光局

オーストラリアの格安航空ヴァージン・オーストラリア(豪ヴァージン)と競合の大手カンタス航空が申請している羽田―オーストラリア路線に関して、オーストラリア政府観光局(ツーリズム・オーストラリア)が2日、豪ヴァージンに同路線の1枠を割り当てるようオーストラリアの国際航空サービス委員会(IASC)に意見を提出したことが分かった。豪ヴァージンが同路線を獲得した場合、同社にとって日本路線は初めてとなるため、ツーリズム・オーストラリアは市場競争が促されると期待しているようだ。3日付シドニー・モーニング・ヘラルドが報じた。

日本の国土交通省は先ごろ、来年3月28日以降の昼間(午前6時~午後10時55分)に発着する羽田―オーストラリア路線で4便の増加を認めており、カンタスはオーストラリアに割り当てられた2枠を、豪ヴァージンは1枠をIASCに申請した。豪ヴァージンは、同路線を獲得できた場合、来年3月29日から毎日、ブリスベン―羽田間で運航を開始する方針を示している。一方、カンタスは、シドニー―羽田間の運航のほか、メルボルン―成田路線を羽田発着に変更したい考えという。

ツーリズム・オーストラリアのハリソン代表はIASCに送った書簡の中で、「豪ヴァージンが路線を獲得すれば、日本路線を運航する4番目の航空会社が誕生することになり、新たな市場競争が生まれ、旅行者に多大な恩恵がもたらされる」とし、同社に1枠を割り当てるよう要請した。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪主要紙1面真っ黒、報道自由制限に抗議(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン