現代自と米カミンズ、FCV技術を共同開発

韓国の現代自動車は27日、燃料電池車(FCV)用の電動化パワートレイン(駆動機構)の開発に向けて、米エンジン大手カミンズと業務提携したと発表した。商用車を中心にFCVの普及が期待される米国市場を開拓する考えだ。 現代自のFCV「NEXO(ネクソ)」に採用されてい…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2008~13年の李明…(10/20)

22年に水素電力の購入義務化 水素経済へ、インフラ普及急ぐ(10/20)

新型コロナ感染者数、76人増加(10/20)

半導体装置のセメス、R&Dセンター新設か(10/20)

観光局、日韓とのトラベルバブル合意に期待(10/20)

現代自出資社、EVタクシーの電池リースへ(10/20)

9月の自動車産業、全分野でプラス成長(10/20)

中国社、ニッケル・石化に350億ドル投資か(10/20)

ソカーがユニコーン入り、モビリティーで初(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン