寧徳時代、四川にバッテリー工場新設

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)は26日、四川省宜賓市にバッテリー工場を新設すると発表した。投資総額は最大で100億元(約1,510億円)を見込む。 工場の敷地面積は66万6,700平方メートルで、うち1期は26万6,700平方メートル、2期は40万平方メート…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

あおぞら銀、華興資本と業務提携を締結(12:49)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

【アジアの本棚】『もっとさいはての中国』(12/12)

テイクオフ:日本の通信キャリアに勤…(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

米中協議継続へ関税延期か、農産品で隔たり(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

サムスン、中国で乳がん治療後続薬の治験へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン