• 印刷する

SCG、建設ソリューションセンターを増設

「CPACソリューション・センター」の増設計画について説明するSCGセメント・ビルディング・マテリアルズのチャナ副社長=23日、タイ・バンコク(NNA撮影)

「CPACソリューション・センター」の増設計画について説明するSCGセメント・ビルディング・マテリアルズのチャナ副社長=23日、タイ・バンコク(NNA撮影)

タイの素材最大手のサイアム・セメント(SCG)は23日、建設業向けのソリューションを提供する店舗「CPACソリューション・センター」を現在の6カ所から来年には20カ所まで増やす計画を発表した。

SCG傘下で廃棄物発電事業を担当する建材事業子会社SCGセメント・ビルディング・マテリアルズのチャナ副社長によると、SCGは現在、北部チェンマイ県、ピサヌローク県、東北部コンケン県、南部プーケット県など6カ所にCPACソリューション・センターを展開している。建設技術の需給ギャップが大きい北部、北東部、南部を中心に、拠点網拡大を図る。これに伴い、技術者と請負業者を現在の2,000人から10倍の2万人まで増やす計画。

センターの平均的な敷地面積は5ライ(約8,000平方メートル)で、投資額は1,000万~2,000万バーツ(約3,530万~7,050万円)という。

国内の建設業は競争激化により伸び悩んでいるほか、建設事業の管理が徹底されていないことによる廃棄物の増加や工期の遅れ、予算超過、事業の放棄などが問題となっている。ソリューションを導入して事業を管理することで、例えば廃棄物の量を10%以上抑えることが可能という。

■韓国貿易保険公社と覚書締結

SCGは24日、韓国貿易保険公社と信用保証に関する覚書(MOU)を締結したと発表した。SCGが韓国のメーカーから設備を購入するために商業銀行から融資を受ける際に、最高10億米ドル(約1,077億円)まで保証する。

SCGは、特に韓国の化学分野で商機を探っているという。MOUに基づき、韓国貿易保険公社が毎年開催している商談会にも参加することが可能になった。


関連国・地域: 韓国タイ
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近気温の明らかな変化…(03/02)

タイの投資、小売りで存在感 生鮮からスポーツまで幅広い業態(03/02)

小売りセントラル、20年は97%減益(03/02)

HIS、日系アウトドア用品の旗艦店を開業(03/02)

タイ国境貿易、今年は6%増に回復見通し(03/02)

BMW、高性能Mの現地組立モデルを販売(03/02)

アウディ販社、ドゥカティの販売代理店に(03/02)

東電子会社、地下変電所建設のコンサル受注(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン