• 印刷する

8月CPI上昇率は0.5%、3カ月ぶり加速

シンガポール統計局が23日発表した8月の消費者物価指数(CPI、2014年=100)は100.7となり、前年同月から0.5%上昇した。食品と運輸のインフレが進み、3カ月ぶりに伸びが加速した。一方、小売価格と電気・ガスの下落を背景に、コアインフレ率(運輸や住宅など、政府の政策の影響を受けやすい項目を除外したインフレ率)は引き続き低水準となっている。

8月のCPIは全10項目中、7項目で前年同月を上回った。食品は1.6%上昇し、3カ月ぶりに伸びが加速した。食材価格が上昇したほか、食品関連サービスでインフレが進んだことが背景にある。

運輸も7月の0.9%から1.1%へと上昇幅が拡大した。バイクやスクーターの価格があまり下落せず、民間道路輸送が0.6%上昇したことが背景にある。

一方、衣料品・靴は2.7%低下となり、唯一マイナス幅が拡大した。

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)によると、8月のコアインフレ率は0.8%で、3年4カ月ぶりの低水準を記録した7月から横ばいだった。小売商品コストの急落や電気・ガスの下げが、食品の上昇を相殺した。

MASは19年通年では、全体のCPI上昇率が0.5~1.5%、コアインフレ率が1.0~2.0%の前半の水準になると見込んでいる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(17:52)

不動産サイト新興企業、豪社と合弁で2カ国展開(17:51)

中小企業の65%、サイバートラブル経験(16:49)

7~9月ホテル投資額、過去最高の28億米ドル(16:00)

遺伝子データバンク、アジア人の8割カバー(15:09)

7カ月連続輸出減、底入れまだ 通年は10年ぶり低水準の声も(10/18)

5G通信事業者、国内4者を選定へ(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

医療充実都市ランキング、世界16位(10/18)

シンガポール航空、札幌冬季限定便が最多に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン