• 印刷する

石油備蓄強化へ作業部会、エネ省が検討

フィリピンのエネルギー省は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、原油価格の上昇に対応する特別作業部会の発足を検討している。事業者に一定水準の原油備蓄を求めるルールの順守徹底などを図る。23日付トリビューンが伝えた。

作業部会の名称は「オイル・コンティンジェンシー・タスクフォース(OCTF)」。関係政府機関が設立の準備を進めている。暫定的な組織だが、大統領令によって常設機関とすることも視野に入れている。

フィリピン政府は、エネルギー安全保障強化策「ミニマム・インベントリー・リクワイヤメント」を策定し、関連企業に一定量の原油の備蓄を義務づけている。現在、製油業者には30日分、大手元売り業者には15日分、LPG(液化石油ガス)業者には7日分の在庫を国家備蓄として確保するよう求めている。

政府はOCTFに対して、事業者に同ルールの順守を徹底させるほか、原油価格を調整し、急騰を阻止する役割なども担わせる方向で検討している。備蓄を60日分まで引き上げる案も浮上しているという。

フィリピンは原油輸入の大半を中東に依存し、同地域の情勢が不安定化して輸入が滞ると、石油価格が上昇するリスクにさらされている。エネルギー省はサウジアラビアの石油施設が軍事用ドローン(小型無人機)の攻撃を受けたことから、OCTF発足の準備に入った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン