経済低迷で企業戦略に変化を EBITDA伸び重視、米社指摘

東南アジアの企業は、経済の低迷がビジネスに与える影響を考慮した戦略を練る必要がある――。米コンサルタント会社ベイン・アンド・カンパニーがこのような見方を示している。売上高だけでなくEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)の伸び率にも焦点を当てることや、積極的…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:妻がインターネットで注…(10/23)

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

南洋大ら3者、IoT向け次世代メモリー開発へ(10/23)

ファッションテック企業、米市場に1億米ドル(10/23)

通信最大手の電子決済連合、OCBC銀が参加(10/23)

商業施設が来客アップへ変革、ECに対抗(10/23)

年金の実効性、アジア首位維持=米社調査(10/23)

1人当たり資産残高、19年は3200万円(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン