• 印刷する

テイクオフ:シドニーで開催された日…

シドニーで開催された日本食材の商談会を取材した。多くの関係者でにぎわう会場で目を引いたのは、昔ながらの製法にこだわる酢の醸造会社。創業以来の伝統的な醸造法を守り、その味は、柔らかく角がないのが特徴だという。試飲させてもらうと、確かにまろやかでコクがある。勧められるまま並んだサンプルの端から試飲すると、原材料による微妙な味の違いも興味を引いた。

しかし、いくらまろやかとはいえ、続けざまに酢を飲みすぎたようだ。7杯目を過ぎた時、のどにうずきを感じ、8杯目の後はもう、声を出すとむせ返る寸前だ。担当者の説明には黙ってうなずくのみ。酢のブース前でせき込むとは何たる営業妨害か。こらえると目に涙がにじむ。

すると担当者は気付いたのだろう、ほほ笑みつつ水飲み場を教えてくれた。好事魔多し。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪主要紙1面真っ黒、報道自由制限に抗議(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン