AGL、石炭火電の早期閉鎖案を一蹴

オーストラリアのエネルギー大手AGLエナジーが、保有する石炭火力発電所の早期閉鎖を求める株主の声を一蹴した。同社は、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」を重視しつつも、石炭火力発電からの撤退は、現実を踏まえて段階的に行われるべきだとしている。20日付地元各紙…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビクトリア州で新型コロ…(07/08)

メルボルン、6週間再封鎖へ NSW州境はきょうから警備強化(07/08)

NSW観光業が回復、VICスキー場は閉鎖(07/08)

カンタス、メルボルン発着便を7月中減便(07/08)

聯強、豪ブリスベンで運営センター用地取得(07/08)

WA政府、国際線の着陸数制限を連邦に要請(07/08)

コロナ禍からの経済回復、業種に差=報告書(07/08)

不動産の売却必然に?多数の投資家が不安視(07/08)

RBAが金利据置き、経済先行きに不透明感(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン