• 印刷する

《日系進出》ATMの沖電気、ハイフォンに工場

現金自動預払機(ATM)などの情報機器製造を手掛ける沖電気工業(OKI)は20日、ベトナム北部ハイフォン市に生産拠点を設立したと発表した。生産工場としては、日本、中国、タイに次ぐ4カ所目。工場は10月に稼働開始となる。

新工場「OKIベトナム」は、6月の設立。ハイフォン市のチャンズエ工業団地内に入居した。資本金は4億円相当で、OKIが100%出資。ATMとATMの機能モジュールを生産し、稼働当初の生産見込みは半年当たり1,000台。稼働時は従業員100人体制でスタートし、将来的には500人規模に拡大させる。

広報担当者によれば、2022年をめどにフル稼働させる。ベトナムへの進出は、東南アジアでの工場設立を検討する中で、急速な経済成長に伴い道路や通信などのインフラ整備が進み、優遇税制やコスト面、人材確保などにおいて優位性が確認できたためと説明した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(19:27)

【躍動する地方都市】クアンニン、外国投資が拡大 「日本企業を第一に」=省投資局(10/16)

ラオス南部4県、観光振興でベトナムと連携(10/16)

ビンファスト、F1の冠スポンサーに(10/16)

ウィラー、都市間バスの運行を開始(10/16)

ロンタイン空港の第1期拡張、政府が提案(10/16)

ドラゴンキャピタル、ペトロ越傘下の株売却(10/16)

ビナキャピタル、プラ容器メーカーに出資(10/16)

モスがベトナム人材採用へ、出店「可能性」(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン