FTA・GSP輸出、1~7月は1%減

タイ商務省貿易局は、自由貿易協定(FTA)と一般特恵関税制度(GSP)を活用した今年1~7月の輸出額が前年同期比1%減の421億3,000万米ドル(約4兆5,500億円)だったと明らかにした。FTAとGSPの平均適用比率は77%だった。20日付プーチャッカーンが報じた。 FTA…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

通信最大手の電子決済連合、OCBC銀が参加(10/23)

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

ビンロウジ生産者、RCEPに警戒感(10/23)

テイクオフ:自宅のごみ捨て場に行く…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

1~9月の輸出は2.1%減 米国以外が不振、軒並み前年割れ(10/22)

改正工場法が27日発効、中小事業促進に期待(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン