• 印刷する

車部品の万都、欧州にR&Dセンター開設

韓国自動車部品大手の万都は19日、独フランクフルトに研究開発(R&D)センターを開設したと発表した。

2010年から同地で欧州研究所を運営してきたが、このほど欧州R&Dセンターを新築した。多数の先端試験装備を備え、約120人が勤務する。自動車の土台となるシャシーの開発と、自動運転車や電気自動車(EV)など次世代車関連の技術革新で中心的な役割を担う。開発した製品は、韓国にあるグローバルR&Dセンターと協力して万都の部品に活用する。

万都は欧州のほかに韓国や中国、インド、米国などにR&D拠点を持ち、R&Dへの投資は同社売上高の5%以上を占めている。次世代車の主要技術を確保して世界的なサプライヤーとしての足場を固めるため、今後もR&D投資を強化する構えだ。


関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子育ては子どもから愛と…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

【日韓対立】政治が翻弄、企業に吹く逆風 輸出管理の厳格化から1年(上)(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

新型コロナ感染者、61人増の1万3091人(07/06)

プラサック、韓国国民銀から1.5億ドル調達(07/06)

検察が邦人に懲役6月求刑、隔離命令違反で(07/06)

慰安婦像周辺の集会禁止、コロナ対策で(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン