サウジ原油問題で懸念後退 エネ省「備蓄十分」、利下げ継続

サウジアラビアの石油施設が攻撃された事件から21日で1週間が経過する。施設の復旧が進むとの見方から世界経済の停滞リスクが沈静化する中、原油の大半を輸入に頼るフィリピンでも懸念が後退。エネルギー省は30日分以上の十分な原油を備蓄していると強調したほか、フィリピン中央…

関連国・地域: フィリピン中東
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンの飲食店業界…(06/23)

大統領「接種拒否なら逮捕」 感染収束遠く、国民に怒りあらわ(06/23)

新型コロナ、新たに3666人感染(06/23)

顔シールド着用義務を継続、大統領表明(06/23)

関税委、完成車の輸入制限継続に否定的(06/23)

いすゞ、スービックに販売店開設へ(06/23)

吉野家とジョリビーの合弁、証券委承認(06/23)

感染対策認証シール、1カ月で承認102件(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン