サウジ原油問題で懸念後退 エネ省「備蓄十分」、利下げ継続

サウジアラビアの石油施設が攻撃された事件から21日で1週間が経過する。施設の復旧が進むとの見方から世界経済の停滞リスクが沈静化する中、原油の大半を輸入に頼るフィリピンでも懸念が後退。エネルギー省は30日分以上の十分な原油を備蓄していると強調したほか、フィリピン中央…

関連国・地域: フィリピン中東
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「確かここにあったはず…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

中国化進む全国送電社 安全保障にリスク、配当金も滞納(10/22)

渦潮電気、電動三輪3千台の納車完了(10/22)

韓国とのFTA交渉妥結、来年に持ち越しか(10/22)

中国経済の減速、電子製品輸出の成長に影響(10/22)

首都圏の地下鉄、路線に変更なし=運輸相(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

大統領府、試用期間延長の法案に反対(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン