7月のインフレ、8.35%でまた上昇

ミャンマー統計局によると、2019年7月の消費者物価指数(CPI、12年=100)は158.44で、過去12カ月間の平均値は前年同期から8.35%上昇し、6月までの12カ月間の上昇率8.08%を上回った。 19日付の国営紙ニュー・ライト・オブ・ミャンマーによると、CPIは食品、日用品・家庭…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(17:00)

責任、持続性ある投資が必要 スー・チー氏が日本企業に要望(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

首相が即位礼外交、スー・チー氏らと会談(10/22)

ヤンゴンの緑地、1人0.4平方メートル(10/22)

ヤンゴン空港の旅客数、1~9月は6.5%増(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

今年のタイ国境からの観光客、100万人へ(10/22)

19年度FDI、海上鉱区の開発増で拡大へ(10/22)

スターバックス、投資の棚上げ延長(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン