煙害拡大 20万人超疾患、隣国も被害

【ジャカルタ共同】インドネシア保健省は17日までに、今夏にスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)で発生した森林火災や野焼きによる延焼が拡大、煙害が原因とみられる呼吸器疾患の症状を訴える住民が、計20万人以上に達したと明らかにした。 スマトラ島などでは毎年のように…

関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

高速道の新料金収受システム導入、入札開始(07/14)

空運局、空港で無作為の薬物検査実施へ(07/14)

スマトラ高速道、事業費386兆ルピア未調達(07/14)

PPプロパティ、起債で2兆ルピア調達へ(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン