放送通信委、首都の電線地中化やり直し指示

タイ国家放送通信委員会(NBTC)は、バンコク首都庁(BMA)傘下の事業会社クルンテープ・タナコムに、電線類の地中化に伴って建設する電線管のリース契約の選定作業をやり直すよう指示した。同社の意図が誤解され、関心を示した企業が1社にとどまったことが理由。18日付バ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信最大手の電子決済連合、OCBC銀が参加(18:30)

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(17:00)

テイクオフ:自宅のごみ捨て場に行く…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

1~9月の輸出は2.1%減 米国以外が不振、軒並み前年割れ(10/22)

改正工場法が27日発効、中小事業促進に期待(10/22)

ラヨーン、空港高速鉄道と市内間にバス計画(10/22)

ヤンゴン空港の旅客数、1~9月は6.5%増(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

今年のタイ国境からの観光客、100万人へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン