ライトレール内製化率50%に、商機1500億元

台湾交通部(交通省)鉄道局は17日に行った開いた記者会見で、地方政府がライトレール(LRT)を建設する際に、最低50%は域内製とする新規定を発表した。鉄道局は、計1,500億台湾元(約5,200億円)の商機が見込まれるLRT案件への域内企業による参入を促す狙い。中央通信社が…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系、カンタツ株買い増しでレンズ強化(14:57)

東芝、台湾で電気機関車受注 400億円、台鉄初の日本製採用(10/18)

TSMC、生産増強で資本支出4割増額へ(10/18)

3QのPC出荷、ASUSがマイナスに(10/18)

豪日産、EVソーラー充電の研究開始(10/18)

国研院、成功大学と半導体研究センター(10/18)

中光電智能機器人、AIドローンの新型機(10/18)

裕隆がEV充電ブランド、5000台分設置へ(10/18)

工作機械の業況、「来年末に好転」の見方も(10/18)

亜泥が19年に過去最高益か、中国事業好調で(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン