ライトレール内製化率50%に、商機1500億元

台湾交通部(交通省)鉄道局は17日に行った開いた記者会見で、地方政府がライトレール(LRT)を建設する際に、最低50%は域内製とする新規定を発表した。鉄道局は、計1,500億台湾元(約5,200億円)の商機が見込まれるLRT案件への域内企業による参入を促す狙い。中央通信社が…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外食チェーンが出店攻勢、コロナ収束で(18:54)

テイクオフ:自宅そばのコンビニ前で…(07/13)

上場企業の売上高が過去最高 6月実績、上期は小幅マイナスに(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

聯発科技の6月売上高、約4年ぶり高水準(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン