• 印刷する

ミシュランガイド、初の三つ星2店に

ミシュランで三つ星を獲得したレストラン「レザミ」のシェフ、セバスチャン・レピノイ氏(左)と、「オデット」のシェフ、ジュリアン・ ロイヤー氏(右、ミシュラン提供)

ミシュランで三つ星を獲得したレストラン「レザミ」のシェフ、セバスチャン・レピノイ氏(左)と、「オデット」のシェフ、ジュリアン・ ロイヤー氏(右、ミシュラン提供)

レストランやホテルの格付けガイドブックを発行するフランスのタイヤ大手ミシュランは、シンガポール版「ミシュランガイド2019」を発表し、フランス料理店2店を三つ星に認定した。シンガポールで2店が三つ星に選ばれるのは初めて。

シンガポール版の発行は今年で4回目。三つ星を獲得した2店は、繁華街オーチャードにある「レザミ」と、現代美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」内にある「オデット」。2018年はともに二つ星だった。

17年までは、フランス料理店「ジョエル・ロブション」が国内で唯一、三つ星を獲得していた。だが同店は18年6月で営業を終了しており、同年のシンガポール版ミシュランガイドでは三つ星はゼロとなっていた。

今回、星を獲得した飲食店は計44店。18年の39店から増えた。内訳は二つ星が5店、一つ星が37店だ。二つ星には、「小康和」「ワク・ギン」の和食店2店が含まれる。

ホーカーセンター(屋台街)の飲食店では、18年に引き続き「ホーカー・チャン・香港ソヤソース・チキンライス・アンド・ヌードル」「ヒルストリート・タイホア・ポークヌードル」の2店が一つ星を獲得した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:10日の総選挙を前にシ…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(07/06)

6月の製造業PMI、5カ月連続で50未満(07/06)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(07/06)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/06)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/06)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(07/06)

国内ホテル、「ステイケーション」可能に(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン