• 印刷する

ミシュランガイド、初の三つ星2店に

ミシュランで三つ星を獲得したレストラン「レザミ」のシェフ、セバスチャン・レピノイ氏(左)と、「オデット」のシェフ、ジュリアン・ ロイヤー氏(右、ミシュラン提供)

ミシュランで三つ星を獲得したレストラン「レザミ」のシェフ、セバスチャン・レピノイ氏(左)と、「オデット」のシェフ、ジュリアン・ ロイヤー氏(右、ミシュラン提供)

レストランやホテルの格付けガイドブックを発行するフランスのタイヤ大手ミシュランは、シンガポール版「ミシュランガイド2019」を発表し、フランス料理店2店を三つ星に認定した。シンガポールで2店が三つ星に選ばれるのは初めて。

シンガポール版の発行は今年で4回目。三つ星を獲得した2店は、繁華街オーチャードにある「レザミ」と、現代美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」内にある「オデット」。2018年はともに二つ星だった。

17年までは、フランス料理店「ジョエル・ロブション」が国内で唯一、三つ星を獲得していた。だが同店は18年6月で営業を終了しており、同年のシンガポール版ミシュランガイドでは三つ星はゼロとなっていた。

今回、星を獲得した飲食店は計44店。18年の39店から増えた。内訳は二つ星が5店、一つ星が37店だ。二つ星には、「小康和」「ワク・ギン」の和食店2店が含まれる。

ホーカーセンター(屋台街)の飲食店では、18年に引き続き「ホーカー・チャン・香港ソヤソース・チキンライス・アンド・ヌードル」「ヒルストリート・タイホア・ポークヌードル」の2店が一つ星を獲得した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:妻がインターネットで注…(10/23)

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

南洋大ら3者、IoT向け次世代メモリー開発へ(10/23)

ファッションテック企業、米市場に1億米ドル(10/23)

通信最大手の電子決済連合、OCBC銀が参加(10/23)

商業施設が来客アップへ変革、ECに対抗(10/23)

年金の実効性、アジア首位維持=米社調査(10/23)

1人当たり資産残高、19年は3200万円(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン