• 印刷する

テイクオフ:インドネシアのハビビ元…

インドネシアのハビビ元大統領が11日に死去した。マレーシアでもテレビで葬儀の様子が中継された。番組の合間には同氏の経歴を振り返るスライドが繰り返し流され、2国間の地政学的な結び付きを痛感した。

ハビビ氏については思い出がある。1998年のスハルト政権崩壊直前にジャカルタに赴いたことから、後継となるハビビ新政権の誕生を現地で目の当りにした。同氏の私邸前に取材で張り付いている記者らに夫人が夜食を差し入れすることもあり、庶民目線の温かさが新鮮だった。

マレーシア人の初老の知り合いはハビビ氏について「国産航空機の開発を推進し、インドネシアにとってテクノロジーの父だ」と回想する。マレーシアは当時のマハティール首相がハビビ大統領と懇意にしており、インドネシアに航空技術を学ぼうとしていたとも。共にアジアの虎を目指していたのかもしれない。(丑)


関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…(07/14)

景気低迷で低価格小型車人気 国民車プロトンがシェア拡大か(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(13日)(07/14)

PCR検査未受検で搭乗拒否も、入国に混乱(07/14)

新規感染7人、1人は日本から入国(07/14)

小売業売上高、コロナ禍で1Qは11.4%減(07/14)

ジョ州国境鉄道が11月にも着工、州首相(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン