• 印刷する

カンタスとヴァージン、羽田便を申請

日本の国土交通省が来年3月28日以降の昼間(午前6時~午後10時55分)に発着する羽田―オーストラリア路線で4便増を認めた件で、オーストラリアの航空大手カンタスが、オーストラリアに割り当てられた2枠を狙っている。羽田―シドニー便の増便と羽田―メルボルン便の開設を申請した。一方、競合の格安航空ヴァージン・オーストラリア(豪ヴァージン)も1枠を狙っている。

カンタスは、オーストラリアに割り当てられた2枠について、オーストラリア政府の独立機関で航空路線を管轄する国際航空サービス委員会(IASC)に申請した。IASCの締め切り日は9月24日で、10月31日までに決定する方針だ。

カンタスは現在、夜間発着便を羽田―シドニーで運航。増枠を利用して、羽田―シドニー便を1日2便にするほか、現行の成田―メルボルン便を廃止して、羽田―メルボルン便に振り替えたい考えだ。機材は、羽田―シドニー便でボーイング787ドリームライナーかエアバスA330を、羽田―メルボルン便でA330の利用を計画している。

一方、豪ヴァージンは声明を発表し、同社も羽田―オーストリア路線の1枠を狙っていると明らかにした。実現すれば、豪ヴァージンとしては初の日本便となる。

カンタスやヴァージンの羽田―シドニー便が運行を始めれば、羽田便を運航している全日空(ANA)と競合することになる。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

世界コロナ対策の有効性、豪3位・NZ9位(22:10)

NEC、豪日間の海底ケーブル敷設を完工(18:24)

豪、再生ごみ処理能力拡大でファンド創設(18:24)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:オージーの友人の奥さん…(07/06)

【特別インタビュー】住宅業界から経済復興を 豪住宅産業協会インタビュー(07/06)

シドニーとメルボ、オフィス実質収入が減少(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン