• 印刷する

すき家、10月末ビンズオン省に初の路面店

牛丼チェーン「すき家」が、ベトナム初のロードサイド店を南部ビンズオン省の商業施設「ミドリパーク・スクエア」内にオープンする。ミドリパーク・スクエアを手掛ける東急(旧・東京急行電鉄)の合弁会社ベカメックス東急とゼンショーベトナムが17日、出店に合意したと発表した。オープンは10月末を予定している。

新店は、すき家の同国15店舗目となる。日本国内で最も多く展開するロードサイド型で、専用駐輪場・駐車場を完備する。店舗面積は約150平方メートルで、62席を設ける。牛丼のほか、カレーライスやラーメンも提供する。

ゼンショーホールディングスの現地法人ゼンショーベトナムは、2016年にすき家の同国1号店をオープン。以後、ホーチミン市内のショッピングセンターなどを中心に店舗拡大を進めており、路面店の出店は今回が初めて。

ミドリパーク・スクエアは、ベカメックス東急が手掛ける大型マンション「The VIEW(ザ・ビュー)」や「ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)2」に隣接する商業施設で、店舗部分は10月に竣工(しゅんこう)予定。すき家のほか、ファミリーマートの入居が決定している。

ビンズオン省の商業施設内に10月末、ベトナム初の「すき家」ロードサイド店がオープンする。写真は外観のイメージ図(ゼンショーベトナム提供)。写真は外観のイメージ図(ゼンショーベトナム提供)

ビンズオン省の商業施設内に10月末、ベトナム初の「すき家」ロードサイド店がオープンする。写真は外観のイメージ図(ゼンショーベトナム提供)。写真は外観のイメージ図(ゼンショーベトナム提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

中部高原―中南部高速、国の計画案に追加へ(07/03)

HCMの住宅販売、4~6月は2倍の569戸(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

フンイエン省工業団地3件、国の計画に追加(07/03)

フエ省でLNG火発計画、投資額62億ドル(07/03)

韓国暁星、越法人の債務43億円保証(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン