• 印刷する

現代自、米工場に3億米ドル追加投資

韓国の現代自動車が、米アラバマ州モンゴメリー工場に約3億米ドル(約323億7,000万円)の追加投資を断行する。新しいエンジンバルブ制御技術を活用したエンジンを生産する計画だ。17日付毎日経済新聞が伝えた。

新技術は「連続可変バルブデュレーション(CVVD)」と呼ばれるもので、運転状況に応じてバルブの開閉時間を制御する。排ガス中の有害物質の排出量を12%削減できるという。来年からは新技術を活用したエンジンを搭載した車両を量産する計画。

同工場では、セダンの「ソナタ」や「エラントラ(韓国名・アバンテ)」などのモデルを生産している。同社は昨年3億9,000万米ドルを投じて、エンジン部品のシリンダーヘッドを製造する設備を増設したばかり。同設備は今年5月に稼働した。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ネットマーブル、熊津コーウェイ買収へ(21:12)

サムスンペイ、DANAとゴーペイと提携(20:55)

テイクオフ:買わない・売らない・行…(10/14)

韓国で電動キックボード加速 大企業が投資、米ライムも上陸(10/14)

双竜自がサウジで組み立て、年3万台目標(10/14)

対立長期化へ、輸出規制巡るWTO手続きで(10/14)

起亜のSUVセルトス、予約が5万台突破(10/14)

現代自、米ADAS企業に投資(10/14)

現代自が469万台リコール、エンジン欠陥で(10/14)

新ナンバーが追い打ち、日本車の不買運動(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン