多国籍企業の9割、香港撤退ならシンガへ

3カ月以上の社会混乱が続く香港で、多国籍企業の2割余りが香港から撤退を検討または計画していることが、在シンガポール米国商工会議所(アムチャム、シンガポール米国商会)の調査で分かった。このうち9割超は移転先の第一候補にシンガポールを挙げた。信報が伝えた。 この調…

関連国・地域: 香港シンガポール米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

北角の寺院訪問者さらに1人感染、計93人(11:52)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午)(15:37)

政府、歳入拡大策検討へ 財政赤字GDP比、警戒水準超え(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

香港政府、公共サービス徐々に再開へ(02/28)

医療・衛生部門への支出2桁増に、政府(02/28)

政府予算案、イノベ分野に120億$確保(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

3.5億$拠出し物流事業のIT化支援、政府(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン