多国籍企業の9割、香港撤退ならシンガへ

3カ月以上の社会混乱が続く香港で、多国籍企業の2割余りが香港から撤退を検討または計画していることが、在シンガポール米国商工会議所(アムチャム、シンガポール米国商会)の調査で分かった。このうち9割超は移転先の第一候補にシンガポールを挙げた。信報が伝えた。 この調…

関連国・地域: 香港シンガポール米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

住宅・土地政策に焦点 施政報告、社会の不満解消へ(10/17)

施政報告、議会で行えず=民主派議員が抗議(10/17)

条例改正案の撤回、23日に延期へ(10/17)

米下院、香港人権法可決=近く上院も(10/17)

最低賃金凍結の可能性を否定せず、委員会(10/17)

香港・中国系ハイシャイン、首都で住宅発売(10/17)

JPモルガン幹部、香港からの資金流出否定(10/17)

銀行の資本基準緩和、効果を疑問視も(10/17)

香港の銀行、今は格下げせず=ムーディーズ(10/17)

反発、政策受け不動産銘柄が好調=香港株式(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン