• 印刷する

スラバヤ準高速鉄道、24日にもMOU締結か

インドネシア運輸省鉄道局によると、首都ジャカルタと東ジャワ州スラバヤ間の鉄道を準高速化する事業について、来週中にインドネシアと日本の両政府が協力覚書(MOU)を締結する見通しだ。事業を支援する国際協力機構(JICA)も、24日にも実現できそうだと話している。

JICAインドネシア事務所の山中晋一所長は17日、NNAに対して「MOUの内容はすでに合意済み。後は調印の日取りの問題だけ」と説明。インドネシア側から要望が上がっている建設費の抑制や現地調達率の向上などについては、今後具体的に協議を進めていくとした上で、「なるべく要望に応える形で進めていくこともMOUに盛り込んだ」と話した。

同事業は、6月からJICAが事業化調査に着手。MOUの締結をもって、調査を加速する。インドネシア政府は先に、2020年半ばの着工、22年末の運転開始を目指すとしていたが、運輸省鉄道局のズルフィクリ局長は16日、「建設開始は早くても23年末になるだろう」と述べた。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:出社すると、インドネシ…(10/17)

IMFも成長見通し引き下げ 他国比では高いと専門家の評価も(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

自動車販売速報値、9月は0.4%減の9.3万台(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

ダイハツ1~9月、小売り販売は12.8万台(10/17)

KPK改正法きょう施行、要人逮捕相次ぐ(10/17)

韓国と包括的経済連携協定で基本合意(10/17)

ハラル認証の表示義務、きょうから施行(10/17)

バンドン、使い捨てプラ消費削減の条例公布(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン