外国為替取引、世界3位の市場規模=BIS

国際決済銀行(BIS)が17日に発表した世界の外国為替取引に関する最新報告書で、シンガポールの2019年4月の1日平均の取引額は6,333億米ドル(約68兆4,900億円)相当だった。過去最高水準で、英国、米国に次ぐ3位となった。 BISは世界53カ国・地域の中央銀行から寄せられ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(18:42)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(19:01)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(18:55)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(19:12)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(18:26)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(18:22)

遺伝子データバンク、アジア人の8割カバー(18:22)

中小企業の65%、サイバートラブル経験(18:22)

7カ月連続輸出減、底入れまだ 通年は10年ぶり低水準の声も(10/18)

5G通信事業者、国内4者を選定へ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン